地震対策

地震対策として、しておくのが家具の転倒・落下の防止です。
タンスや棚が寝てるところに倒れてくると致命傷になります。

 

小さいテレビでも、落ちて液晶画面が割れると危険です。
ショートして火災の原因になる可能性もあります。

 

家具の転倒・落下の防止処置としては、

・家具を安全に配置しておく。

・家具の転倒防止処置をしておく。

の2点です。

 

具体的には、

・人の出入りが少ない部屋にまとめる。

・あまり使わない家具は処分する。

・畳の上よりは板の間の方が倒れにくい。

・畳の上に置く場合は、家具の下に板を置く。

・家具に滑り止めを付ける。

・家具は壁や柱にピッタリつける。

・家具の重心を後ろ側に傾けておく。

・出入口や通路には家具を置かない。


ページトップへ